ブルゴーニュ・ルージュ,MCMXXVI,[2016]750ml,ビール・洋酒 , ワイン , 赤ワイン,(1926),ドメーヌ・ローランを象徴するワイン!,3064円,キュヴェ,ドメーヌ・ローラン,/antiparagraphic909761.html,aizawatomoko.com 3064円 ドメーヌ・ローランを象徴するワイン! ドメーヌ・ローラン ブルゴーニュ・ルージュ キュヴェ MCMXXVI (1926) [2016]750ml ビール・洋酒 ワイン 赤ワイン ブルゴーニュ・ルージュ,MCMXXVI,[2016]750ml,ビール・洋酒 , ワイン , 赤ワイン,(1926),ドメーヌ・ローランを象徴するワイン!,3064円,キュヴェ,ドメーヌ・ローラン,/antiparagraphic909761.html,aizawatomoko.com ドメーヌ ローランを象徴するワイン ローラン ブルゴーニュ ルージュ 1926 MCMXXVI キュヴェ 専門店 750ml 2016 ドメーヌ ローランを象徴するワイン ローラン ブルゴーニュ ルージュ 1926 MCMXXVI キュヴェ 専門店 750ml 2016 3064円 ドメーヌ・ローランを象徴するワイン! ドメーヌ・ローラン ブルゴーニュ・ルージュ キュヴェ MCMXXVI (1926) [2016]750ml ビール・洋酒 ワイン 赤ワイン

ドメーヌ ローランを象徴するワイン ローラン ブルゴーニュ ルージュ 1926 MCMXXVI キュヴェ 毎日がバーゲンセール 専門店 750ml 2016

ドメーヌ・ローランを象徴するワイン! ドメーヌ・ローラン ブルゴーニュ・ルージュ キュヴェ MCMXXVI (1926) [2016]750ml

3064円

ドメーヌ・ローランを象徴するワイン! ドメーヌ・ローラン ブルゴーニュ・ルージュ キュヴェ MCMXXVI (1926) [2016]750ml



ワイン名(原語)Domaine Laurent Pere et Fils
Bourgogne Rouge Cuvee MCMXXVI
ワイン名(日本語)ドメーヌ ローラン
ブルゴーニュ ルージュ キュヴェMCMXXVI(1926)
生産者ドミニク ローラン(ドメーヌ)、ジャン ローラン
ワイン産地フランス / ブルゴーニュ地方
ワインの種類
味わい ミディアムボディ
ブドウ品種ピノ ノワール100%
ヴィンテージ2016
内容量750ml

商品名の"MCMXXVI"とはローマ数字で1926という意味で畑の中で一番古い樹齢の年号、そう樹齢90年超え!
ACブルゴーニュとは思えない複雑性の高い見事な味わい

【正規代理店商品】

2007年の初めの頃に購入した区画で2007年がファーストヴィンテージ。畑はニュイサンジョルジュから南に広がる畑から。

商品名の"MCMXXVI"とはローマ数字で1926という意味で畑の中で一番古い樹齢の年号になります。その他1928、29、37の葡萄が植えられており、平均樹齢は60年。
醸造は除梗なしで樽を使用、亜硫酸添加なし。

ドミニク・ローランのコメント
『ニュイサンジョルジュのプレモー村に近いビオの畑から収穫。ブドウの樹は「プティ・シャリオット」、「グラン・シャリオット」と呼ばれており、中でも一番高齢は 1926年に植えられたもので それがキュヴェの名前由来になっている。収量は平均して1ヘクタール当たり20~40HLで、その年の気候によって変わる。昔の修道僧の技法で、除梗をしないブドウを使っている。特別に深いルビー色で、ブルゴーニュらしい、深みのある花の香り。味わいは豊かだが、抑制されている。今飲んでも良いし、置いていても良い』。

まさにローラン家の誇りであり、ドメーヌ・ローランを象徴するワインです。

■ドメーヌ・ローラン・ペール・エ・フィスについて
ブルゴーニュ屈指の造り手として知られるドミニク・ローランが息子ジャン・ローランとともに開始したドメーヌ・ワイン。
ニュイ・サン・ジョルジュ、ジュヴレ・シャンベルタンなどに約4ヘクタールの畑を所有し2006年ヴィンテージから登場しました。2007年にはニュイ・サン・ジョルジュ(アペラシオンはブルゴーニュ)に3ヘクタールの畑を購入しドメーヌ・ワインの誇りと言うべき「ブルゴーニュ・ルージュ・キュヴェMCMXXVI(1926)」をリリース。また念願であったプルミエ・クリュ「ムルソー・プルミエ・クリュ・ポリュゾ」の畑がドメーヌ・ワインに加わり、ラインナップは全10種となります。

■息子Jean Laurentジャン・ローラン氏について
1980年7月31日生まれ。モンペリエの醸造学校で醸造学を専攻。
6年前から父であるドミニク・ローランと一緒に働き始める。初めの6ヶ月はドミニク・ローランの樽工房で実地からスタートし、現在は樽工房で働くスタッフの管理と樽作り、そしてドメーヌ・ローラン・ペール・エ・フィスのワイン造りを担当。ドミニク・ローランに教わりながら家族だけに伝えられる秘伝の醸造スタイルを継承している。

1724110220939729

ドメーヌ・ローラン 2016ヴィンテージについて
“2006年に父親と一緒にドメーヌを始めて以来の最高のヴィンテージ”

ドミニク・ローランの息子ジャン・ローラン曰く、
「2016年は "素晴らしいヴィンテージ "であり、2006年に父親と一緒にドメーヌを始めて以来の最高のヴィンテージ。2016年は2015年よりもエネルギーがある 」。
また、その言葉に付け加えるように、ドミニク・ローラン氏は、
「2016年は "凝縮感とフィネスの組み合わせが印象的で、ピノのリキュールのようだ。そして、その美味しさは、非常に高樹齢のブドウからの悲惨な収量と、pHが2015年のものよりもわずかに高いという事実によって裏付けられている。」とのこと。

ドメーヌ・ローランを象徴するワイン! ドメーヌ・ローラン ブルゴーニュ・ルージュ キュヴェ MCMXXVI (1926) [2016]750ml

イベント
EVENTS
ニュース
NEWS
お知らせ
メディアの中の高知大学
8月28日
医学部の新たな研究拠点「MEDi」が、高知新聞に掲載されました広報戦略室
8月23日
農学部卒業生の岡本晴佳さんが高知新聞に掲載されました広報戦略室
8月19日
防災推進センターの原教授らのプロジェクトが、高知新聞に掲載されました広報戦略室
7月27日
あす楽対応 YAMAHA DRAGSTAR400 DRAGSTAR スクリーン 送料無料 ヤマハ ドラッグスター400 DS400 ドラッグスター ウィンドスクリーン WS-03大型 汎用 クリア スモーク ウインドシールド 風防 シールドスクリーン ウインドプロテクター バイク 外装 カスタム パーツ World Walk ワールドウォーク あす楽広報戦略室
7月24日
総合科学系地域協働教育学部門の廣瀬淳一准教授が高知新聞に掲載されました広報戦略室
7月17日
高知大学海洋コア総合研究センターの奥村知世特任助教が高知新聞に掲載されました広報戦略室
7月2日
医学部医学科皮膚科学講座の佐野栄紀教授らの研究が高知新聞に掲載されました広報戦略室
6月29日
ハードな噛み心地で歯磨き効果も抜群! 無添加 牛のひづめ 20個入り 犬のおやつ ヒヅメ 蹄 ひずめ ヒズメ広報戦略室
6月20日
地域協働学部卒業生の野水愛さんが高知新聞に掲載されました広報戦略室
6月18日
自然科学系理工学部門の長崎慶三教授が本を出版して高知新聞に掲載されました広報戦略室

高知大学ピックアップ情報

PICK UP

魚の感染症と闘う!
じつは人間と同じように、魚もさまざまな感染症に悩まされています。なぜ水中で病気が起こり、予防や治療のためには何が必要なのか。農林海洋科学部の“魚の町医者”今城雅之准教授に聞きました。
記事内容
  • 地域に密着した「魚の町医者」的な研究
  • 高知が全国に誇るアユを冷水病・温水病から守る
  • 養殖場の大敵、細菌症と原虫症を探る
海底に潜む、未知なる鉱物資源を探る!
日本における海底鉱物資源研究のトップランナーのひとりが、海洋コア総合研究センターの臼井朗特任教授。国際レベルの研究成果や研究室の活動内容などを紹介します。
記事内容
  • 宇宙開発にも似た大きな夢のある研究分野
  • 国の研究機関の船に乗り、太平洋の調査海域へ
  • 研究室で学べば、最先端の研究現場を体験
日本の大学で学べるのは高知大学だけ⁉ローンボウルズの謎と魅力に迫る
スポーツ科学実技「ローンボウルズ」
ローンボウルズという競技、知っていますか?知る人ぞ知る、というよりも、知っている人がほとんどいない、超マイナーなスポーツ。高知大学ではこのローンボウルズの授業を、日本の大学で唯一、開講しています。どのような授業なのか、担当教員の川本真浩教授に話を聞きました。
記事内容
  • シェークスピア作品にも登場する人気スポーツ
  • 体力に自信がなくても上達できるのが魅力
  • 体育の授業なのに歴史や社会も学べる!
世界初!脳の謎に迫る
“光る物質”
を研究
世界で初めての研究が、高知大学で成功しました。実験動物で脳のより深い部分の観察ができる“光る物質”をつくり出したのです。理工学部の仁子研究室でどのようにこの物質が生まれたのか。その取り組みと成果を紹介します。
記事内容
  • これまでにない強い光で脳の深部を探れるように
  • 光る物質の合成は困難の連続だった
  • 実験と研究の成果 そして新しい蛍光物質
社会で役立つ重要スキル
ファシリテーション
を学ぶ
近年、社会人の必須技術として注目されているファシリテーション。どういったもので、大学生が学ぶ意義は何なのか、地域協働学部の俣野秀典先生にレクチャーしてもらいました。
記事内容
  • コミュニケーションを最大化する技術
  • 「養成道場」で修行し、「学生ファシリテーター」に!
  • 得難い経験ができる演習でのオブザーバー役
  • リモート授業でも話し合いは問題なく進行

高知大学創立75周年記念に向けて

A GLANCE INTO THE PAST