またまた京都へ

kokuhou.jpg

先月書き終えた京都が舞台の歴史ドラマ、
現在順調に撮影中です。
宣伝用のコメント収録なども兼ねて
現場に陣中見舞いに行ったのですが、
まだ情報解禁前なのでその話は後日書くとして・・・
(なかなか書けないなぁ 笑)
京都国立博物館でちょうど国宝展をやっていると聞き、
せっかくのチャンスなので観覧しに行ってきました。

京都国立博物館では41年ぶり、
全国から集めた約200件の国宝を四期に分けて
展示するという貴重な特別展とのこと。
雪舟の国宝6件を一度に観れたり、
風神雷神図屏風が2年ぶりに公開されていたりと見所満載。
私は絵心がそんなにある方ではないのだけど、
やっぱり雪舟の絵には惹きつけられるものがあり、
長い間飽きずにただただ見入ってしまったし、
個人的には平等院で雲中供養菩薩を観た時にすごく感動したので、
そのうちの3体を目の前でじっくり鑑賞できたのも嬉しかった。
会場は大混雑だったけど、心はシンと静かになって、
気の遠くなるような時の流れにとりとめもなく思いを馳せて、
とても贅沢な時間を過ごすことができた。
「ああ、観に来てよかったなぁ」ってしみじみ思いました。

mame.jpg

そして翌日は『人は見た目が100パーセント』原作者の
大久保ヒロミさんと祇園でランチ。
大久保さんとは大阪のトークイベントで意気投合し、
またゆっくりお会いしたいと思っていました。
今回、連載の締め切りが一段落したタイミングだったので、
わざわざ京都まで来てくれたんですよー。
会うなり食べる間も惜しんで喋りまくり!(笑)
『ひとパー』の話はもちろん、お互いのバックボーンや
仕事に対する考え、日々のたわいないエピソードまで
ネタは尽きることなく・・・

zenzai.jpg

場所を甘味処へ移して、気がつけば5時間が経っていました(笑)
いやー、楽しかった。
あの毒のある笑いがどうやって生まれてきたのか、
ほんの少しだけど垣間見れたような気がします。
やっぱり面白い人だなとさらに興味は深まるばかり。
次はどんな話が聞けるか楽しみです!


そんなこんなでまた仕事ついでに京都満喫しちゃいましたが。
そろそろ新たな脚本づくりが始まります。
なんだか一気に寒くなって来たので、
風邪にやられないよう気をつけないと。

nabe.jpg

最後に京都で食べた生姜入り京番茶鍋の写真を。
鍋って見てるだけであったかくなるよね〜。

アーカイブ