キラ、キラ、キラ

先日、親友の加藤いづみちゃんと一緒に
横浜アリーナで行われた小田和正さんのコンサートに行ってきました。
小田さんとはドラマ『恋ノチカラ』の主題歌を
つくっていただいたご縁があるのですが、
ちょうど同じ頃にいづみが小田さんのコンサートツアーに
コーラスとして参加していて。
その時は生で『キラキラ』が聴けて、
さらに親友がコーラスまでしてくれるという(笑)
個人的にこの上なく贅沢な想い出があります。

何と、あれから15年・・・時が経つのは早いね・・・
久しぶりに生キラキラを聴いていたら、
『恋ノチカラ』を書いていた頃のことが鮮やかに蘇ってきて、
なんだか初心に帰ったというか、
すごく清々しい気持ちになりました。
歌ってくれてホントに嬉しかったです!

『キラキラ』はもちろん、他にも『秋の気配』や
『生まれ来る子供たちのために』など
懐かしい曲も聴けてよかったなぁ。
私は『たしかなこと』がとても好きで、
この日は特に歌詞が染みました。
悲しい歌よりも、誰かを想う温かくて純粋で清らかな気持ち。
そういう美しいものを歌った歌の方が心が震える。
それは恋人だったり、友人だったり、
家族だったり、時には自分自身だったり・・・
まっすぐに、ひたすらに、大切な人を見つめること。
とても簡単で、難しいこと。
それを思い出させてくれる小田さんの歌は、
やっぱりすごいんだな、と改めて思いました。

最近忙しさに追われて固くなっていた心が
ふんわりと柔らかくなったような。
そんな素敵な夜でした。
誘ってくれたいづみに感謝です。

アーカイブ